過敏性腸症候群とは 効く薬 大腸内視鏡 便秘 下痢 検査 治療 機能性胃腸症 ストレス 不登校 

栃木県 過敏性腸症候群 大腸内視鏡 検査 治療 効く薬 下痢 便秘 患者差数 ストレス

過敏性腸症候群とは?

 「過敏性腸症候群」とは、下痢・便秘・腹痛・腹鳴・ガスの貯留感等、お腹の不快感が続く病気です。
 精神的なストレスが誘因となり胃腸の運動に変調をきたすもので、最近増加している現代病といえます。患者数は人口の10〜20%に上り、欠勤や不登校の原因にもなり、患者様の生活の質を著しく障害します。機能障害が原因の病気であるため、エックス線検査や内視鏡検査などの画像検査をしても、はっきりとした異常は見つかりません。 「何でもない」と言われながら、辛い症状に苦しまれている方も大変多いのではないかと心が痛みます。これは「過敏性腸症候群」という、れっきとした病気なのだ、ということがわかるだけで、多くの患者様は安心し救われるような思いがするものです。また、便秘に下剤、下剤に整腸剤、腹痛に沈痙剤という単純な処方ではなかなか治りにくい特徴があります。

 実は、当疾患には非常に良く効く薬が開発され、脚光を浴びています。当薬は、胃の中で食物と混ざり合い、腸の中で水分を吸収してゼリー状にふくらみ、便秘には、便の量を増やすとともに便をやわらかくして、丁度良い硬さの便が出るようにします。また、下痢では、水様〜泥状の便を形のある丁度良い硬さの便にして、排便回数を減らします。ただ、当薬剤を飲み始める前に、大腸内視鏡検査を行ったほうがよいでしょう。大腸ガンや潰瘍が、過敏性症候群とよく似た症状を出すことがあるからです。

 我々は、「軸保持短縮法」というテクニックを用いて大腸内視鏡を行います。従来の内視鏡挿入法は、空気を入れながら、たわみを作り押し入れていく、「押し」が主体の挿入法でした。これが「大腸内視鏡検査は苦しい検査」という固定観念を作ってしまいました。

 我々が行っている方法は、空気をあまり入れず、たわみも作らないように、腸のひだを内視鏡の先でひっかけて、腸を引き戻し、短縮・直線化して挿入してゆく、より苦痛の少ない方法です(直線的挿入法)。

 便秘や下痢で非常にお困りの患者様の多くが、私の外来に初めて来られるとき、大腸がんを心配し暗い顔をして来院されます。

 しかし、大腸内視鏡検査を終え、ガンや潰瘍が無いことを確認し、前述の薬を飲んでいただくと、多くの患者様は、不安が取れ、明るい安堵の表情に変わります。中には、「十数年の痛みから解放された」、「生き返ったかのよう」との声も頂いています。

 ガンのように悪性の病気ではないものの、著しく患者様の生活の質を障害する疾患についての認識を、我々医療者側も高める努力が必要だと信じています。

1.故郷から潰瘍を減らすために pdfpdf

2.慢性胃炎と胃癌について pdfpdf

3.胸やけに悩まれる方へ pdfpdf

4.便潜血について・父の治療経験から(我がふるさとよ、汝は永く最上であれ) pdfpdf

6.胆石を防ぐ十か条(ボストン学会旅行記) pdfpdf

Daniel K.Podolsky教授pdf(上記コラムに登場するハーバード大教授)

7.郷土の誇り高き高齢者の皆様に pdfpdf

(健康な時間持ちになるには)

8.大切な命を奪われないために  pdfpdf(「食中毒ゼロ地域」を目指しましょう〜O−157集団食中毒の治療経験から)

9.肝臓の病気について pdfpdf

10.仁に里るを美とす

11.あなたの身を守る 大腸癌にならないポイント pdf



このページのTOPへ


新着情報

2013月6月25日

医者が患者に教えない病気の真実

院長の本が幻冬舎から発売になります。

 

2013年4月22日

週刊現代「これが遺伝する病気です」で院長が取材を受け掲載されました。

週刊現代の「これが遺伝する病気です」で院長が取材を受け掲載されました。

2013年4月1日

日経ビジネス誌に院長のコラムが掲載されました。

「親の病は子へのメッセージ」

2013年1月7日

TBSテレビ「ひるおび!」で紹介されました。


2013年1月6日

日経新聞全国版に掲載されました。

2012年8月25日 土曜日

10:45〜11:45

フジテレビの全国放送【名医が解決!人間ドックTV】に出演しました。江田クリニック 江田証

フジテレビの全国放送【名医が解決!人間ドックTV】に出演しました。


2011年11月20日 日曜日
13:00〜14:00
フジテレビ「名医と巡る!体がヨクナール学園4 秋の四国旅in高知」に院長出演しました。

2011年9月10日 土曜日10:30〜11:25
内視鏡検査のスペシャリスト 江田証

日本テレビに出演しました。


2011年7月31日 日曜日
13:00〜14:00

フジテレビ「名医と巡る!夏の金沢・食べ尽くし旅」に院長が出演しました。


2011年2月26日 土曜日10:40〜11:40
フジテレビ 胃腸診療 名医 江田証
フジテレビ「名医と巡る!冬の山陰・食べ尽くし旅」に院長が出演しました。

2010年8月21日 土曜日10:40〜11:40
体が医学博士 ヨクナール3 名医 江田証
フジテレビ「名医と巡る!夏の東北・食べ尽くし旅」に院長が出演しました。
2010年11月7日
江田証 健康講演

栃木市皆川地区にて院長江田証の健康講演会を行いました。

2010年10月25日
日経ビジネス「熱血Dr.の診療日誌 禁煙外来 禁煙で寿命を取り戻す」に江田クリニックのホームページが紹介されました。

2010年10月1日
インフルエンザ予防接種

2010年8月2日発売
暮らしと健康 09月号
 江田クリニック院長が、名門医療全国誌「暮らしと健康」で健康について解説します。
B003VP0P88
暮しと健康 2010年 09月号 [雑誌]

2009年3月14日 10時30分〜11時25分
日本テレビ 全国放送
名医に学ぶ!激うま健康レストランに院長が出演しました。名医に学ぶ!激うま健康レストランに出演しました。

2010年7月16日
旅行専門誌に院長コラムが掲載されました。

2009年9月27日日曜日
14時〜15時25分
テレビ朝日「カラダが喜ぶ!究極ごはん!」にスタジオゲスト出演しました。

テレビ朝日 カラダ喜ぶ!究極ごはん!
再生するこちらをクリックすると新しいウインドウが開いて動画が再生します。(13分44秒)

2010年5月3日
江田クリニック 院長 江田 証がラジオ日本の対談番組にゲスト出演しました。
江田証 ラジオ出演

再生するこちらをクリックすると新しいウインドウが開いて再生します。(15分41秒)

「こんにちは!鶴蒔靖夫です」は、ラジオ日本(AM 1422 kHzで放送中!放送日は、5月3日(月)午前1130分〜50分です。 


医学専門誌「Medical Tribune」にて抗生物質の使い方を解説しました


江田クリニック 医学誌 メディア掲載

2009年10月28日
今年新設された認定医制度 第1回日本ヘリコバクター学会「H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医」に認定されました。
日本ヘリコバクター学会「H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医 江田証

H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医 施設一覧
 
33万人の読者を持つ
日経ビジネス誌に
院長の医療コラム
「熱血Dr.の診療日誌」

連載中!日経ビジネス連載中

2008年12月3日
TBSテレビ「ピンポン」にて「そけいヘルニア」 について解説しました。

2008年11月9日放送
テレビ朝日
面と向かって聞けない噂のクエスチョン 江田クリニック テレビ出演
医療スペシャル
面と向かって聞けない噂のクエスチョン「お医者さん編」テレビ朝日「大胆マップ」にスタジオ・ゲスト出演しました。】
テレビ朝日「大胆マップ」にスタジオ・ゲスト出演しました。

詳細はこちら

2008.10.10
 院長がTBSテレビ「ピンポン」で登場しました。
10月10日 TBS ピンポン

2008.9.22
 院長がTBSテレビ「ピンポン」で登場しました。
TBS ピンポン
いきいき健康法
2008年秋号に院長コラムが掲載されました。

大腸癌にならないポイント 院長 コラム

2008.9.10
テレビ朝日「クイズ雑学王」2時間スペシャルに院長が出演しました。クイズ 雑学王 江田クリニック 江田証 テレビ朝日 出演決定 9月10日 爆笑問題 クイズ雑学王

2008.7.18
 下野新聞 読者登壇に掲載されました。

2008.6.11
 読売新聞に掲載されました。

2008.5.29
 下野新聞に掲載されました。

「いきいき誌 60歳からの健康法」に掲載されました。


いきいき健康法2008年春号に院長コラムが掲載されました。
いきいき健康法 ピロリ菌 胃潰瘍コラム
 栃木県の肝炎インターフェロン治療専門医療機関に認定されました。当院ではインターフェロン治療費の一部が助成されます。 
2008年12月18日
クリスマス・ジャズ・コンサート開催しました。

Add to Google

↑ブログをigoogleに追加する

無料メルマガ登録

院長コラム

禁煙外来

心エコー

顆粒球除去療法

C型肝炎インターフェロン

インフルエンザ予防接種

人間ドック

クリスマス会

当院アクセス

リッツカールトン研修