逆流性食道炎とは? 食道裂孔ヘルニア バレット食道 CDX2遺伝子 胸やけ 症状 しみる 治療

江田クリニック 逆流性食道炎 胸やけ げっぷ 胃酸 胃薬 治療 食道裂肛ヘルニア

逆流性食道炎とは? 胸やけに悩まれる方へ

 「みぞおちから胸の下あたりが焼けつく」、「酸っぱい液体や苦い液体がのどまで上がってくる」、「胸がしみる」などの不快な症状で悩まれてはいないでしょうか。これらの症状は、胃酸や腸液が食道へ逆流することによって起こる食道の炎症が原因で、「逆流性食道炎」という病気です。食生活の欧米化、高齢化などで日本人に増加しつつある病気です。

 食道と胃のつなぎ目にあり、逆流防止弁のような働きをしている「食道括約筋」のしまりが年齢とともに悪くなると、胃酸が逆流しやすくなります。食道と胃のつなぎ目を締めている「食道裂孔」という穴から胃がはみ出す「食道裂孔ヘルニア」が生じると、さらに胃液が逆流しやすくなります。また、腰の変形、肥満や妊娠などでも胃に圧力がかかり、逆流しやすくなります。

 治療としては、胃酸を抑えたり胃の運動機能を高める薬や、漢方を使用します。薬を飲んでいても症状が改善しないで悩んでいる方は我々専門医にご相談ください。重症になると、食道が狭くなって食道が通らなくなったり、食道癌に進んだりする場合があるからです。
 ひと昔前は、弱い薬をまず使い、効かなければ強い薬に変更するという「ステップ・アップ療法」が行われていましたが、現在は、「ステップ・ダウン療法」で、効果的な薬を最初に使い、早く患者様の症状を取り除いたほうが、生活の質が向上し、医療経済上も安くてすむ、ということが統計的に分かっています。

 私は、「逆流性食道炎が長い期間、十分に治療されずに続くと、食道の粘膜にバレット食道という異常な粘膜が出現してきて、これが食道の腺がんの発生母地になる。このバレット食道の出現には、CDX2遺伝子という遺伝子が大きく関与する」ということを発見し、米国消化器病学会で発表しました。バレット食道でCDX2遺伝子が発現している免疫染色の写真は世界初のものとなり、この英文論文に対し、日本消化器病学会奨励賞を授与されました。私の米国での発表をもとに、フランスの研究医師らが、「食道の細胞に胃酸をかけて培養すると、CDX2遺伝子が出現してくる」という研究結果を発表し、細胞レベルで私のデータを証明してくれました。

 逆流性食道炎を治療中の患者様も、ただ薬を飲んでいるだけでは不十分で、消化器専門医の内視鏡検査を受け、バレット食道という食道癌につながる変化が出てきてはいないかどうか、きちんと定期検査をする必要があります。

 不快な症状があれば早めに検査を受け、薬を飲んで重症化するのを予防し、健康な人生にして頂きたいと切に願います。

 ※当院は栃木県の胃がん大腸がん検診精密検査指定医療機関です。

1.故郷から潰瘍を減らすために pdfpdf

2.慢性胃炎と胃癌について pdfpdf

4.便潜血について・父の治療経験から(我がふるさとよ、汝は永く最上であれ) pdfpdf

5.過敏性腸症候群について pdfpdf

6.胆石を防ぐ十か条(ボストン学会旅行記) pdfpdf

Daniel K.Podolsky教授pdf(上記コラムに登場するハーバード大教授)

7.郷土の誇り高き高齢者の皆様に pdfpdf

(健康な時間持ちになるには)

8.大切な命を奪われないために  pdfpdf(「食中毒ゼロ地域」を目指しましょう〜O−157集団食中毒の治療経験から)

9.肝臓の病気について pdfpdf

10.仁に里るを美とす

11.あなたの身を守る 大腸癌にならないポイント pdf

このページのTOPへ


新着情報

2013月6月25日

医者が患者に教えない病気の真実

院長の本が幻冬舎から発売になります。

 

2013年4月22日

週刊現代「これが遺伝する病気です」で院長が取材を受け掲載されました。

週刊現代の「これが遺伝する病気です」で院長が取材を受け掲載されました。

2013年4月1日

日経ビジネス誌に院長のコラムが掲載されました。

「親の病は子へのメッセージ」

2013年1月7日

TBSテレビ「ひるおび!」で紹介されました。


2013年1月6日

日経新聞全国版に掲載されました。

2012年8月25日 土曜日

10:45〜11:45

フジテレビの全国放送【名医が解決!人間ドックTV】に出演しました。江田クリニック 江田証

フジテレビの全国放送【名医が解決!人間ドックTV】に出演しました。


2011年11月20日 日曜日
13:00〜14:00
フジテレビ「名医と巡る!体がヨクナール学園4 秋の四国旅in高知」に院長出演しました。

2011年9月10日 土曜日10:30〜11:25
内視鏡検査のスペシャリスト 江田証

日本テレビに出演しました。


2011年7月31日 日曜日
13:00〜14:00

フジテレビ「名医と巡る!夏の金沢・食べ尽くし旅」に院長が出演しました。


2011年2月26日 土曜日10:40〜11:40
フジテレビ 胃腸診療 名医 江田証
フジテレビ「名医と巡る!冬の山陰・食べ尽くし旅」に院長が出演しました。

2010年8月21日 土曜日10:40〜11:40
体が医学博士 ヨクナール3 名医 江田証
フジテレビ「名医と巡る!夏の東北・食べ尽くし旅」に院長が出演しました。
2010年11月7日
江田証 健康講演

栃木市皆川地区にて院長江田証の健康講演会を行いました。

2010年10月25日
日経ビジネス「熱血Dr.の診療日誌 禁煙外来 禁煙で寿命を取り戻す」に江田クリニックのホームページが紹介されました。

2010年10月1日
インフルエンザ予防接種

2010年8月2日発売
暮らしと健康 09月号
 江田クリニック院長が、名門医療全国誌「暮らしと健康」で健康について解説します。
B003VP0P88
暮しと健康 2010年 09月号 [雑誌]

2009年3月14日 10時30分〜11時25分
日本テレビ 全国放送
名医に学ぶ!激うま健康レストランに院長が出演しました。名医に学ぶ!激うま健康レストランに出演しました。

2010年7月16日
旅行専門誌に院長コラムが掲載されました。

2009年9月27日日曜日
14時〜15時25分
テレビ朝日「カラダが喜ぶ!究極ごはん!」にスタジオゲスト出演しました。

テレビ朝日 カラダ喜ぶ!究極ごはん!
再生するこちらをクリックすると新しいウインドウが開いて動画が再生します。(13分44秒)

2010年5月3日
江田クリニック 院長 江田 証がラジオ日本の対談番組にゲスト出演しました。
江田証 ラジオ出演

再生するこちらをクリックすると新しいウインドウが開いて再生します。(15分41秒)

「こんにちは!鶴蒔靖夫です」は、ラジオ日本(AM 1422 kHzで放送中!放送日は、5月3日(月)午前1130分〜50分です。 


医学専門誌「Medical Tribune」にて抗生物質の使い方を解説しました


江田クリニック 医学誌 メディア掲載

2009年10月28日
今年新設された認定医制度 第1回日本ヘリコバクター学会「H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医」に認定されました。
日本ヘリコバクター学会「H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医 江田証

H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医 施設一覧
 
33万人の読者を持つ
日経ビジネス誌に
院長の医療コラム
「熱血Dr.の診療日誌」

連載中!日経ビジネス連載中

2008年12月3日
TBSテレビ「ピンポン」にて「そけいヘルニア」 について解説しました。

2008年11月9日放送
テレビ朝日
面と向かって聞けない噂のクエスチョン 江田クリニック テレビ出演
医療スペシャル
面と向かって聞けない噂のクエスチョン「お医者さん編」テレビ朝日「大胆マップ」にスタジオ・ゲスト出演しました。】
テレビ朝日「大胆マップ」にスタジオ・ゲスト出演しました。

詳細はこちら

2008.10.10
 院長がTBSテレビ「ピンポン」で登場しました。
10月10日 TBS ピンポン

2008.9.22
 院長がTBSテレビ「ピンポン」で登場しました。
TBS ピンポン
いきいき健康法
2008年秋号に院長コラムが掲載されました。

大腸癌にならないポイント 院長 コラム

2008.9.10
テレビ朝日「クイズ雑学王」2時間スペシャルに院長が出演しました。クイズ 雑学王 江田クリニック 江田証 テレビ朝日 出演決定 9月10日 爆笑問題 クイズ雑学王

2008.7.18
 下野新聞 読者登壇に掲載されました。

2008.6.11
 読売新聞に掲載されました。

2008.5.29
 下野新聞に掲載されました。

「いきいき誌 60歳からの健康法」に掲載されました。


いきいき健康法2008年春号に院長コラムが掲載されました。
いきいき健康法 ピロリ菌 胃潰瘍コラム
 栃木県の肝炎インターフェロン治療専門医療機関に認定されました。当院ではインターフェロン治療費の一部が助成されます。 
2008年12月18日
クリスマス・ジャズ・コンサート開催しました。

Add to Google

↑ブログをigoogleに追加する

無料メルマガ登録

院長コラム

禁煙外来

心エコー

顆粒球除去療法

C型肝炎インターフェロン

インフルエンザ予防接種

人間ドック

クリスマス会

当院アクセス

リッツカールトン研修